So-net無料ブログ作成
人気ブログランキングへ 拍手する

新シリーズ 予告 [読み物]

尤も、聖なる一司教様は、没収教会財産を購入しようとしている「開化啓蒙された」高利貸しから農業は多大の恩恵を得るであろう、とお考えのようです。しかし、立派でもなくただ年老いた百姓たるに過ぎないこの私奴は、畏れながら先の殿様に向ってこう申し上げたいところです。――高利貸しは農業の師では御座いません。また、貴方がたの新学派が何時もなさっているように、最新の辞書に従って「開化啓蒙」という言葉を解釈するにしても、だからといって、ある男が、神を信じないということによって、どうして大地の耕し方がほんの少しでも熟達したり元気よくなったりするのか、私にはとんと考えも及ばぬことで御座います――。

エドマンド・バーク『フランス革命の省察』ドズリー書店1790
半沢孝麿『フランス革命の省察』みすず書房1978
242頁
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

nice! 0

コメント 1

prudence[i:3]旧越山会@議員会館

<!-- amazon -->
<div class="sonet-asin-area"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/462204918X/tomokazusato-22/ref=nosim" target="_blank"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/41Z9GM771GL._SL160_.jpg" class="sonet-asin-image" alt="フランス革命の省察" title="フランス革命の省察"></a><div class="sonet-asin-info"><p class="sonet-asin-title"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/462204918X/tomokazusato-22/ref=nosim" target="_blank">フランス革命の省察</a></p><ul><li class="sonet-asin-label">作者: エドマンド・バーク</li><li class="sonet-asin-label">出版社/メーカー: みすず書房</li><li class="sonet-asin-label">発売日: 1997/10/09</li><li class="sonet-asin-label">メディア: 単行本</li></ul></div></div><div class="sonet-asin-break"></div>
<!--/ amazon -->

by prudence[i:3]旧越山会@議員会館 (2014-01-02 23:16) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る